桜山社ロゴ

「今を自分らしく生きている人の思いを大切に」をモットーにする
名古屋市瑞穂区のちいさな出版社・桜山社(さくらやましゃ)
電話番号:052-853-5678
桜山社mail

前へ
次へ
桜山社の書籍

著者:小堀 勝啓


stores.jpのウェブストアを利用しております。

著者:吉村 功


stores.jpのウェブストアを利用しております。

著者:広小路尚祈


stores.jpのウェブストアを利用しております。

著/画:河野ルル(こうのるる)


stores.jpのウェブストアを利用しております。

著者:石川輝海/石川愛子


stores.jpのウェブストアを利用しております。
新刊のご案内

7月新刊 
『ゴールは結婚 イタリアー南極 一万三千キロの恋』
(石川輝海著 石川愛子著)

ゴールは結婚 イタリアー南極 一万三千キロの恋




通信販売ページへ (stores.jp)
版元ドットコム

◆主な内容
「結婚」を考えるすべての人にーー
時は1971年。
婚約後、フィレンツェに留学した愛子、
第十三次南極地域観測隊の越冬隊員として任務を遂行した輝海
イタリアと南極でそれぞれの「婚約時代」を過ごした夫婦が描く回想録。

◯フィレンツェ青春第一楽章
◯第十三次隊の南極記
◯フィレンツェ青春第二楽章

はじめに

◯フィレンツェ青春第一楽章
・なぜイタリア
・突然のアモーレ
・フィレンツェに着いた……
・解りましたか⁉︎
・相棒はヴィルジニア
・アパルタメント探し
・パーネの腕
・……おかあさん
・マルゲリータ
・「チネジーナ、ジャポネジーナ、ベッリーナ!」
・「あんた、日本人じゃろう」
・「カリーナ」
・ピアノの先生
・マエストロ・F・コンティーニ
・ウエディング

◯第十三次隊の南極記
・南極観測隊員に採用される!
・愛子さんーー俺は決めたぞ
・冬の乗鞍岳で訓練
・「イタリアへ行きます」
・出発前の暗号づくり
・南極へ出航ーー約1か月間の観測船「ふじ」での船旅
・南極地域観測隊
・南極の季節
・太平洋を越えて南極海へ
・基地建設
・南極での初仕事
・ニックネーム
・最終フライト
・南極の野外観測ーー内陸旅行と沿岸調査
 内陸旅行/沿岸調査/沿岸調査の設営/南極の地質
・昭和基地の生活リズム
・「赤い鈴蘭」
・昭和基地の郵便事情
・昭和基地の連絡は電報で
・アマチュア無線
・ハム吉の電報
・七〇キロ会
・サロン代わりだった気象棟
・真冬の南極大学
・雪の上に寝て見るオーロラ
・オーロラの観測ーーロケットの打ち上げ・大気球
・各施設を結ぶ命綱
・樺太犬ホセ
・一酸化炭素中毒事件
・凍傷
・洗濯騒動
・イグルーの建設
・冬旅行隊の帰還
・床屋
・スポーツ、娯楽
・「日刊十三次」
・水事情
・トイレは一つ
・昭和温泉
・越冬し夏期間に
・最終調査ラングホブデ
・奇石、珍石ブームから展示会開催
・ペンギンの営巣地
・漁業協同組合
・昭和基地へお客様、ソ連機来る
・基地生活の中心・食堂棟
・餅つき
・月一回開かれる誕生日会
・南極最大のお祭り「ミッドウインター」
・真冬の企画ーー駅弁シリーズ、食べるお酒
・夏の企画ーー氷山でソーメン流し
・貴重な生卵や生野菜
・南極の冷凍庫
・正月を祝う料理ーーオングル島塗りの重箱に
・砂まき
・調査の終了と帰国の準備
・人間社会へ戻る、そして再開

◯フィレンツェ青春第二楽章
・ロッカストラードのムッツィじいさん
 二五年目のチャオ!/出逢い、ニュー!/大家族/孫が……
・一九九九年冬
 円形のマント/トランペッター/ピアニスト F・チャンティ/建築家 パオラ・バルドーニ
 チェコ共和国名誉領事 ジョヴァンナ・デル・ビアンコ
 ゴエン/布バッグの細身さん
・二〇〇〇年秋イタリア統合教育
 中学校見学/グラッツエッラ/マルティーナ/メレンダ
 落第生/統合教育~障害児と一緒に学ぶこと~
 ルルド巡礼と信仰
・フィレンツェ青春第二楽章
 ピエロの死/やっぱり……/自分に言い聞かせたこと
 困ったイタリア鉄道/パネトーネ
 究極の断・捨・離 カバン一つ
 マルタの家/都市国家の流れ/移民ージイタン・パパ
 イタリア給料・年金/イタリアは面白い!

おわりに

著者
石川輝海(いしかわ てるみ) 石川愛子(いしかわ あいこ)
◯出身地 ともに名古屋市生まれ
◯年齢 合計148歳
◯夫婦歴 45年
◯1年以上生活したところ
輝海:南極、オーストラリア、日本
愛子:イタリア、オーストラリア、日本
◯職歴
輝海:名古屋学院大学名誉教授
愛子:音楽館主宰
◯専門
輝海:地質学
愛子:声楽

INFORMATION
2018/6/1
たのやく6月号の「第6感の日常」アート、ミュージック、デザイン特集で河野ルルさんの『絵を描くことに恋をして』が採用されました。
桜山社記事
2018/5/30
中日新聞で河野ルルさんの『絵を描くことに恋をして』をご紹介いただきました。
桜山社記事
2018/6/3
中日新聞で『24色のクレヨン』をご紹介いただきました。
桜山社記事
2018/5/29
読売新聞で『24色のクレヨン』をご紹介いただきました。
桜山社記事
2018/5/11
産経新聞(関西)で『絵を描くことに恋をして』が「読むアート」の本として紹介されました。
※美術書としてもご展開いただいています。
桜山社記事
2018/5/2
朝日新聞(関西)で『絵を描くことに恋をして』の著者、河野ルルさんが紹介されました。
桜山社記事
2018/4/27
産経新聞(大阪)で『絵を描くことに恋をして』の著者、河野ルルさんが紹介されました。
桜山社記事
2018/4/23
毎日新聞(大阪)で『絵を描くことに恋をして』の著者、河野ルルさんが紹介されました。
桜山社記事
2018/4/15
中日新聞で『絵を描くことに恋をして』の広告を出稿いたしました。
桜山社記事
2018/4/15
読売新聞で『絵を描くことに恋をして』の著者、河野ルルさんが紹介されました。
桜山社記事
2018/4/14
朝日新聞で『絵を描くことに恋をして』の著者、河野ルルさんが紹介されました。
桜山社記事
2018/4/7
環境情報紙「Risa」4月号で桜山社を紹介いただきました。
桜山社記事
2017/10/17
南山大学同窓会の会報で紹介いただきました。
桜山社記事
2017/7/1
全国チェーンのホテル「東横イン」の全客室に置かれる情報誌「たのやく」7月号に桜山社の書籍が2冊同時に紹介されました。
桜山社記事 桜山社記事 桜山社記事
2017/6/23
取材を受け、桜山社が「なごや文化情報」7・8月号に掲載されました。
桜山社記事 桜山社記事
2017/4/25
名古屋高校会報「敬愛」第57号で紹介いただきました
桜山社記事
2017/1/11
取材を受け、朝日新聞 2017年1月11日(水曜日)地域面(名古屋)に載りました。
新聞幸せを声にのせて
2016/12/28
取材を受け、中日新聞18面に掲載されました。
新聞
2016/12/22
取材活動が丹波新聞に掲載されました。
新聞
2016/5/13
取材活動が島原新聞に紹介されました。
新聞
2015/9/15
桜山社を設立いたしました。

桜山社の想い

桜山社は、
今を自分らしく全力で生きている人の思いを大切にします。
その人の心根や個性があふれんばかりにたっぷりとつまり、
読者の心にぽっとひとすじの灯りがともるような本。
わくわくして笑顔が自然にこぼれるような本。
宝物のように手元に置いて、繰り返し読みたくなる本。
本を愛する人とともに、一冊の本にぎゅっと愛情をこめて、
ひとりひとりに、ていねいに届けていきます。
桜山社は、名古屋市瑞穂区の文教地区にある出版社です。春には同区内の山崎川で満開の桜が咲きます。桜は1年に一回その命をわたしたちに見せてくれます。そんな桜は、わたしたちの心を大きくゆさぶり、心の中に永遠に残っていきます。桜を一生に見ることができるのは、人生であと何回あるでしょうか。だからこそ、桜のように、人生は一瞬一瞬がとても大事だと思いました。その一瞬一瞬を本の中に残していき、どこかでだれかがその本に救われることがあります。大好きな地元・桜山で、わたしたちが生きていくうえで、救いになるものは、たとえば、どんなに時代が移り変わろうと本なのだと思います。刊行する本は、時には笑ったり、感動したり、ノンフィクションの難しいテーマで問題提起をするかもしれません。著者の個性がたっぷりと出た本は人の心に残っていきます。ずっと末長く読み継がれていく本作りをめざします。

代表・江草 三四朗

江草 三四朗

1978年名古屋市に生まれる。名古屋学院(現名古屋)高校卒業。南山大学大学院修了。学生時代の4年間、原点となる放送局と新聞社でのアルバイトを通して、伝え残すことの大切さを学ぶ。卒業後、出版社勤務、新聞記者を経て、2015年9月、「今を自分らしく全力で生きている人の思いを大切に」をモットーにするちいさな出版社「桜山社」(さくらやましゃ)を同市瑞穂区で設立。桜山社は、桜山の地名にちなんで。著書は『トップ営業マンとして大切なことはみんなリクルートで教わった 凄腕でもスーパーマンでもないボクの等身大感動営業術』(こう書房)、『僕がリクルートトップセールスマンからMBAになった訳 国内MBA第一期生の奮戦記』(ゴマブックス)。いずれも電子書籍化、アプリ化されている。「情熱大陸+P」に出演。座右の銘は「やってみよう。そう思うことが最大の才能。どんな偉業もそこから始まった」(予備校・河合塾の講師)。尊敬している人は、藤井英明さん(株式会社ゲイン代表取締役)と山口絵理子さん(マザーハウス代表取締役)。名古屋メシとドラゴンズをこよなく愛する。

代表江草の著書

   

会社概要

リンク


「桜山」の魅力を全国に

桜山社の所在地でもある瑞穂区と昭和区にまたがる「桜山」(さくらやま)近辺の古写真を募集しています。
たとえば、桜山に走っていた路面電車「桜山町」、町並み、山崎川の様子、風景、商店街の移り変わりなど、 桜山近郊の懐かしいお写真をお持ちの方は、ぜひご提供くださいませ。
写真アルバム、プリント、データでも可です。
ホームページでご紹介させていただきます。
よろしくお願いいたします。
桜山社メールアドレスまでご応募ください。

読者のみなさまへ

Amazonで本をご注文されるときは、
「トランスビュー物流センター」から発送いたします。

ネット通販「Amazon」の在庫がなくなっている場合で、Amazonで本をご注文されるときは、小社が物流と決済を委託している「株式会社トランスビュー物流センター」から発送いたします。
小規模出版社が、こだわりをもって出版活動をさせていただけているのは書店の存在が大きいです。書店でサイン会やゼミナールを企画していただいたり、「この本をお店に置きたい、売ってみたい」と一冊を丁寧に、しかも長い期間店頭で展開してくださる書店があってこそなのです。桜山社は書店を大事にしていきたいと考えています。それが、1軒でもあれば、です。これは読者の皆様には関係がないことなのかもしれません。ネット書店は便利ではありますが書店に足を運んでいただき、そこでできるだけ本を買っていただけたら嬉しいです。
ネット書店Amazonなどで弊社の書籍をご購入いただく場合は、 Amazon書籍ページ内にあるトランスビュー物流センターをご利用ください。Amazonのマーケットプレイスのページから入れます。
できる限り、「書店で買っていただく」ことが小社の思いです。恐れ入りますが送料はいただきますが、 その分、平日16時までの注文は当日に発送し、迅速にお手元にお届けします。書籍の状態は新品です。
「本が書店店頭に置いていない」「書店が自宅の近くにない」「予約して注文すると書店に入荷するまで時間がかかってしまう」「諸事情があって、書店にいく時間がない」「書店で出版社から直接買ってほしいと言われた」「うちの書店では予約はやっていない」などの方は恐れ入りますが、こちらの流通センターをどうぞご利用ください。在庫量も多くしています。従来の流通方法にとらわれず、必要としてくださる一冊をていねいに読者の皆様に届けていきたいと思います。ご理解とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

>>>発行元の出版社桜山社より業務を受託する物流センターから出荷いたします。コンディションは、一般の書店等へ出荷される商品と同等です。 ※土日祝日・8月15日、12月30日~1月3日を除き16時までのご注文は、受注当日に、東京都中央区より発送します。 ※クロネコヤマトとの「ネコポス」を使用します。 ※お届け日数は「クロネコヤマトの宅急便」と同程度です。
amazon01
▲トランスビュー物流センターから迅速なお届けができます
ページのトップへ戻る