桜山社ロゴ

名古屋市瑞穂区のちいさな出版社・桜山社(さくらやましゃ)
桜山社は、今を自分らしく全力で生きている人の思いを大切にします。
電話番号:052-853-5678
桜山社mail

会社概要

桜山社
出版
桜山社の想い
桜山社は、
今を自分らしく全力で生きている人の思いを大切にします。
その人の心根や個性があふれんばかりにたっぷりとつまり、
読者の心にぽっとひとすじの灯りがともるような本。
わくわくして笑顔が自然にこぼれるような本。
宝物のように手元に置いて、繰り返し読みたくなる本。
本を愛する人とともに、一冊の本にぎゅっと愛情をこめて、
ひとりひとりに、ていねいに届けていきます。
こんなところで本を作っています
名古屋市瑞穂区の文教地区にある桜山社の近くには、桜の名所で有名な山崎川の桜並木があり、春には満開の桜が咲きほこります。
ゆたかな自然と、学生が多く、耳をすませば子どもの声が聞こえてくる汐路地区。桜は一年に一回、その命をわたしたちに見せてくれます。そんな桜は、わたしたちの心を大きくゆさぶり、心の中に永遠に残っていきます。
桜を一生に見ることができるのは、人生であと何回あるでしょうか。だからこそ、桜のように、人生は一瞬一瞬がとても大事だと思いました。
その一瞬一瞬を大切に本の中に残していき、どこかでだれかが偶然その本に出会い、救われることがあるかもしれません。
わたしたちが生きていくうえで、救いとなるものは、たとえば、どんなに時代が移り変わろうと本なのだと思います。
刊行する本は、時に笑ったり、感動したり……。ジャンルはノンフィクションを中心としますが、かといって固くなりすぎず気軽に多くの人が読める本や、今残さなければいけない本を残していくことが、ちいさな出版社の使命でもあり理想だとも思っています。
著者の個性や想いがたっぷりとつまった本は、読んだ人の心に残っていきます。たとえ今すぐ必要とされなくても、必要とされるときがきっとくるのが本の良いところです。本を愛する多くの方の力を借りながら、末長く読み継がれていく本をめざします。

桜山社
桜山社近く山崎川周辺の懐かしの風景
1 山崎川の春 
白雲橋付近
S38,4
(瑞穂区役所提供)
桜山社
2 山崎川の春 
市立大学教養部屋上から同薬学部名古屋女学院高校を見る S38,4(瑞穂区役所提供)
桜山社
3 山崎川の春 
市立大学教養部屋上から瑞穂グランド方面を見る S38,4
(瑞穂区役所提供)
桜山社
4 山崎川の春 鼎橋(仮) S38,4(瑞穂区役所提供)
桜山社
5 山崎川の春 鼎橋より少し南 S38,4(瑞穂区役所提供)
桜山社
6 山崎川の春 名市大薬学部前 S38,4(瑞穂区役所提供)
桜山社
7 山崎川の春 
師長橋にて(土市町) S38,4(瑞穂区役所提供)
桜山社
8 山崎川の春 
左右田橋 S38,4
(瑞穂区役所提供)
桜山社
9 商店街 
市大病院前
(瑞穂区役所提供)
桜山社
電話番号/FAX番号
052-853-5678/052-852-5105
住所
〒467-0803 愛知県名古屋市瑞穂区中山町5-9-3
地図
アクセス方法
名古屋市営地下鉄 桜通線「桜山駅」 5番出口 徒歩5分
駐車場あります(事前にご連絡いただければ空けます)。
近隣のコインパーキングにとめられた方は、駐車場代を負担します。
メールアドレス
営業時間
10:00~18:00

会社概要

ページのトップへ戻る